大型放射光施設 SPring-8

コンテンツへジャンプする
» ENGLISH
パーソナルツール
 

第2回SPring-8秋の学校

秋の学校について

 SPring-8 秋の学校は、次世代の放射光科学に貢献する人材の発掘を目的として、SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)と高輝度光科学研究センター(JASRI)が中心となり、大学や関係諸機関と協力して開催するものです。
SPring-8 で活躍する最前線の研究者による講義と、個別テーマについての見学・原理説明・模擬実習からなる少人数グループ講習を組み合わせて行うことにより、放射光の原理と利用研究の基礎を学ぶと共に、実際の実験法やデータ解析を体験できるようにカリキュラムが準備されています。また、SPring-8 のキャンパス内に設置されているX線自由電子レーザー施設SACLAについても学ぶことができます。
夏の学校とは異なり、講義とグループ講習は、大学3年生が十分に理解できる水準に設定されており、施設停止期間中で放射線従事者登録も不要のため、卒業研究や大学院進学を控えた方々が進路を考える最適な機会になります。また、放射光に興味があり、これから利用を考えている大学院生や企業研究者の方々にも適しています。もちろん、すでに利用経験がある大学院生の参加も歓迎します。

詳細・申込

     
催: SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)、(公財)高輝度光科学研究センター(JASRI: Japan Synchrotron Radiation Research Institute)
 
催: 理化学研究所 放射光科学研究センター、関西学院大学
 
援: PF-ユーザアソシエーション、あいちシンクロトロン光センター、佐賀県立 九州シンクロトロン光研究センター、光ビームプラットフォーム、兵庫県立大学 高度産業科学技術研究所、広島大学 放射光科学研究センター(英文・あいうえお順、8月7日現在)
 
開催日程: 2018年9月17日(月)-20日(木)
スケジュール
スケジュール
 
開催場所: 大型放射光施設SPring-8
兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1(播磨科学公園都市)
 
  ポスター

ポスターpdf(1.5MB)

  チラシ

チラシpdf(280KB)

カリキュラム概要: 基礎講義(必須:7科目)
グループ講習(3テーマを選択)
 
 
レポート提出: 現在調整中

 
参加費: 無料(但し宿泊費・交通費・食費は自己負担)
 

 
員: 60名程度
定員以上の申し込みがあった場合、大学生が優先されます。また、登録内容をもとに選考させていただきます。
 

 
参加対象: ■ SPring-8を用いた研究に関心を持つ者。
(但し、理系大学3年生レベルの講義内容を理解できること)
■ 放射線従事者登録は必要ありません。
 
 
参加登録: WebでのOn-line登録による申し込みとなります。
参加登録は締切りました。
 
参加登録 受付期間: 8月20日(月)12:00 まで(受付期間を延長しました)
参加登録は締切りました。
 
学生参加者の方: 参加に際しては必ず所属研究室の教官の許可を得てください
秋の学校開催期間中の怪我の補償、対人賠償・対物賠償等に備え、参加者は所属大学において「学生教育研究災害傷害保険」に加入していることが必須です。
 詳細につきましては、在学中の大学窓口でご確認ください。
 
企業参加者の方: 参加に際しては必ず所属上長の許可を得てください
学生参加者と同じく、秋の学校開催期間中の怪我の補償、対人賠償・対物賠償等に備え、参加者は所属企業における労災保険の適用が可能なことが条件になります。
 
参加についての注意点: 遠方からお越しの場合は開校日前日からの宿泊をお勧めします。
 
受講証明書 校長名での受講証明書の発行が可能です。必要な方は事務局までお申し出ください。
 

問い合わせ先

SPring-8秋の学校事務局
  公益財団法人 高輝度光科学研究センター
利用推進部 宮松・冨松
e-mail:2018autumnschool@spring8.or.jp
TEL: 0791-58-2785, FAX: 0791-58-2786

最終変更日 2018-08-21 19:07