大型放射光施設 SPring-8

コンテンツへジャンプする
» ENGLISH
パーソナルツール
 

SPring-8利用研究課題申請書(成果非専有用)記入要領

はじめに
 研究分野が多少異なる審査員が読んでも、その提案の重要性が理解できるように、研究の目的や方法等それぞれの項目について具体的に記述してください。また、半年の共同利用実験のビームタイムの範囲内で実行できる内容の申請を行ってください。包括的な内容の申請は審査の対象となりません。

[基本情報]
実験課題名(日本語および英語)
 実験方法や測定対象を明らかにした6カ月の共同利用期間で遂行できる具体的な実験課題名を、日本語および英語で入力してください。包括的な課題名による申請は審査の対象となりません。なお、申請者の優先性の保護のため、実験が終了するまで課題名を公表しません。(即ち、課題の採択時には、実験責任者の名前と所属、配分シフト数のみ公表し、課題が終了後に課題名を公表します。)

審査希望分野
 ポップアップメニューの中から希望する審査分野を1つ選んでください。ポップアップメニューの内容は表1「審査希望分野表」に示します。

研究分野分類、および研究手法分類
 それぞれのポップアップメニューの中から、あてはまるものを選び、キーワードを入力してください。表2「研究分野分類表」表3「研究手法分類表」にキーワードの一例を挙げていますが、これに当てはまらないキーワードでも構いません。なお、「その他」を選んだ場合は具体的に分類名称を記入してください。

希望ビームライン
 ポップアップメニューの中から希望する順番にビームライン番号を選んでください。また、その理由については[実験方法]の「ビームライン選定の理由」で明らかにしてください。2本のビームラインの利用を希望される場合(例えば、「BL01B1又はBL28B2」ではなく「BL01B1とBL28B2」を希望する場合)は、ビームラインごとに申請してください。
ビームラインの整備状況は、SPring-8ホームページの「ビームライン一覧表」で確認してください。

所要シフト数
 実験目的を達成するために必要なビームタイムをシフト数(1シフト=8時間)で入力してください。このときに、この課題は6カ月の間に共同利用として実施することを考慮してください。実験を分けて行いたいものは1回に必要なシフト数と何回行いたいか入力してください。合計シフト数は自動で計算されます(画面左側メニューの「入力内容の確認・提出」で確認できます)。また、算出根拠を[実験方法]の「シフト数算出の根拠」で入力してください。

特殊な運転モード
 運転モードの希望がある場合は、ポップアップメニューから選んでください。希望がない場合は、運転モードの選択は施設の担当者に一任していただきます。マルチバンチを希望される場合、マルチバンチでなければ実験ができない場合は「マルチバンチ(必須)」を、マルチバンチでなくても原理的には実験できるが、マルチバンチで実験するほうがよりよい場合は「マルチバンチ(好ましい)」を選んでください。セベラルバンチを希望される場合は「セベラルバンチ」を選択し、フィリングモードを、希望する順番にポップアップメニューの中から選んでください。その際、第一希望と第二希望のフィリングでは、どの程度効率が違うかを「その他」の欄に記述してください。なお、A、B、C、D、E、F、G、Hのモードのうち、DとEモードはA期のみ、FとGモードはB期のみの運転になりますので、必ず募集案内のホームページで確認してください。メニューに示した7種類のモード以外を希望される場合は「その他」の欄にフィリングの詳細と必要理由を入力してください。

[共同実験者]
共同実験者
 実際にビームラインを利用する実験メンバー(共同実験者)の、各ユーザーカード番号を入力後『ユーザー情報参照』ボタンをクリックしてください。(ユーザーカード番号を取得されていない共同実験者には、ユーザー登録を依頼してください。ユーザーカード番号は、ユーザー登録完了後、画面に表示され、登録されたメールアドレス宛にも通知されます。)

[安全に関する記述、対策]
安全に関する手続きが必要なもの
 該当するものがあれば、ポップアップメニューの中から選んでください。
安全に関する手続きを必要とする場合は、別途手続きが必要です。Web申請後、速やかに必要な書類をUser Information ウェブサイトからダウンロードし、利用推進部へ送付してください。なお、書類には利用日、BL名等を記入する欄がありますが、未定の箇所は空欄で結構です。詳細は、SPring-8ホームページより「安全・保安について」をご覧ください。

動物(生きた哺乳類、鳥類、爬虫類)
 動物の持ち込みがある場合は、「持込み有」にチェックしてください。(課題が採択されましたら、「動物実験計画書」を提出していただきます。)

SPring-8において必要とする施設の装置、器具
 SPring-8ホームページの「ビームライン一覧表」で確認した後、記入してください。

測定試料及びその他の物質
 施設に持ち込む全ての試料及び物質等について、その名称、形態(形状)、量、性質、使用目的、保存方法及び処理方法、安全対策を入力してください。
 「物質名」について:一般名、構造式など(XAFSを測定する場合は組成も)を記入し、略称や頭文字のみの表記は避けてください。CAS番号があるものでも自分で調整したものは「自作」、自分で創製したもので物性値が未知の場合は「創製」と入力してください。
 「性質」について:毒物・劇物(毒物及び劇物取締法)、有機溶剤・特定化学物質(労働安全衛生法)、危険物(消防法)等の法令上の性質を記入してください。この3法律の規制を受けない物質は火災や爆発の原因となる「危険性」(爆発性、可燃性、引火性、自然発火性、禁水性、酸化性、自己反応性、等)、人体に障害をもたらす「有害性」(有毒性、腐食性、発ガン性、感染性、放射性、等)、遺伝子組み換え体、ヒト材料、など、できるだけ詳しく入力してください。
 入力漏れがある場合は、不採択となる可能性がありますのでご注意ください。
 また、入力にあたり、画面解像度によってはこれらの記入欄(フォーム)の幅が小さくなるため、入力しづらいことも考えられます。誤動作や入力ミスを防ぐためにも、あらかじめ表計算ソフト等で下書きを作成し、データを貼り付けることをお勧めします。
※ SPring-8に持ち込まれた試料及び物質等は、全て持ち帰っていただくことになっています。

持ち込む装置、器具
 施設に持ち込む全ての装置、器具等について、その名称、仕様、安全対策を入力してください。持ち込み装置、器具等がない場合は、「なし」と入力してください。
 自分で作製した装置、器具は「自作」、カタログ品の場合はその旨、付記してください。入力漏れがある場合は、不採択となる可能性がありますのでご注意ください。
※ SPring-8に持ち込まれた物品は、全て持ち帰っていただくことになっています。

[提案理由など]
提案の種類と提案理由
「新規提案」:
 研究分野が多少異なる審査員が読んでもその提案の重要性が理解できるように、研究の意義、目的等それぞれの項目について具体的に記述してください。包括的な内容の申請は審査の対象となりません。期待される成果の欄ではSPring-8の寄与する点を具体的に示してください。
「継続提案」:
 継続を必要とする理由(例:ビームダンプがあり実施できなかった等)を記述してください。前回の申請で行われた実験の結果(成果)について具体的に記載し、問題点があった場合はその解決策を示したうえ、今回の提案で実施を計画している内容を具体的に示してください。試料の変更、実験方法に大きな変更を伴うものについては「新規提案」で申請してください。採択課題のビームタイムを終了後も研究が続く場合や実験責任者が変わる場合は、「新規提案」で申請してください。   

申請に関わる準備状況、これまでに採択された課題との関係、他に申請課題がある場合はその課題との関係、同種実験の経験
 期待される成果を得るために、これまでに得た研究成果並びに装置、試料の準備状況等を具体的に示してください。これまでに採択された課題との関係や関連テーマで他に申請があるときは、その課題との関係を記述してください。同種実験の経験についても記述してください。

[実験方法]
実験の方法(レイアウト、測定法、検出器、試料の濃度等を明確にする)
 新しい測定法の場合には、図注)を用いて実験の特徴が明らかになるようにしてください。
注)図のアップロード方法については、こちら(9.画像ファイル添付)をご覧ください。

ビームライン選定の理由
 最適のビームラインを選ぶため、SPring-8のビームラインの整備状況をSPring-8ホームページの「ビームライン一覧表」で確認してください。不明な点は「ビームライン一覧表」に記載されているビームライン担当者までお問い合わせください。

使用するエネルギー(波長)又は特性線(例:Pb-L)
 ビームラインのどのような特性(例えば、エネルギー範囲、集光特性、測定器等)に着目して利用を希望するビームラインを選定したのかについて説明してください。XAFSの測定の場合は測定法(透過法、蛍光法それもライトル検出器か半導体検出器-シングル、マルチ、等)、元素、吸収端、試料濃度、試料のマトリックスの種類を必ず記述してください。

シフト数の算出根拠
 要求するシフト数の算出根拠を記述してください。
シフト数の算出をするための不明な点はホームページに記載されているビームライン担当者までお問い合わせください。

[構造解析の対象](申請形式の選択ページで“蛋白質結晶構造解析”をチェックした場合のみ)
構造解析の対象についての情報
 SPring-8での実験について、審査に必要な項目を挙げていますので、できるだけ漏れなく入力してください。なお、構造解析の対象は3種類までしか記入できないため、欄が不足する場合は利用推進部までお問い合わせください。
また、入力にあたり、画面解像度によってはこれらの記入欄(フォーム)の幅が小さくなるため、入力しづらいことも考えられます。誤動作や入力ミスを防ぐためにも、あらかじめ下書きファイルを作成し、データを貼り付けることをお勧めします。
 補足:“蛋白質結晶構造解析”選択時の『実験方法』記入欄は、ビームライン選定の理由並びにシフト数算出の根拠のみとなります。

[論文]
本研究に関わる実験責任者の発表論文リスト(SPring-8での結果に*印)と、これまでの研究の進捗状況がわかるように、各論文について2行程度の説明を記述
 審査の対象となります。論文リスト(著者名、雑誌名、巻、発行年、ページ)と各論文について、2行程度の説明を記述してください。SPring-8で行った課題の成果を発表した論文には*印を付け、SPring-8で行った課題の進捗がわかるような説明を記述してください。最近の論文から順に、スペースに収まる分まで記入してください。

最終変更日