大型放射光施設 SPring-8

コンテンツへジャンプする
» ENGLISH
パーソナルツール
 

緊急課題の募集について

登録施設利用促進機関
公益財団法人高輝度光科学研究センター

緊急課題とは、公共的かつ緊急性を有する極めて重要な研究を対象とした成果非専有(成果公開)の利用研究課題です。定期的な募集の締切によらず、申請された課題は順次迅速に審査されます。

1.対象ビームラインと利用時期

募集の対象となるビームラインは、共用ビームライン(全26本)および加速器診断ビームライン(BL05SS)です。なお、申請を検討されているビームラインのご利用経験がない方は、申請前にビームライン担当者へご相談ください。

緊急課題の利用時期は、定期公募での採択課題の利用時期決定後の調整となるため、予め利用予定のビームラインの担当者にスケジュールをご確認ください。

ページトップへ戻る↑

2.申請方法

Webサイトを利用した電子申請となります。「SPring-8利用研究課題募集の概要」をご一読いただき、以下のUser Informationウェブサイトから申請してください。

User Information http://user.spring8.or.jp/
トップページ>マイページにログイン>申請/報告>課題申請/利用計画書>課題申請/新規作成

ページトップへ戻る↑

3.応募締切


随時応募可能

ただし、申請後の審査等を経た採否決定までの期間、および利用事前手続きを要するため、応募から利用までは最短で3週間程度かかります。

ページトップへ戻る↑

4.審査について

応募された課題はSPring-8利用研究課題審査委員会により審査されます。
一般課題等で審査される、科学技術的妥当性、研究手段としてのSPring-8の必要性、実験の実施可能性、実験の安全性および倫理性に加え、緊急性、重要性を審査します。

ページトップへ戻る↑

5.審査結果の通知

審査結果は、応募の約2週間後にメールまたは電話にて通知いたします。正式な通知書も追って送付いたします。

ページトップへ戻る↑

6.報告書について

利用研究課題終了後60日以内に、所定の利用課題実験報告書をJASRIに提出してください。JASRIでは、各期終了後60日目から2週間後に当該報告書をWeb公開します。利用課題実験報告書の詳細につきましては、UIサイトの「利用課題実験報告書/Experiment Summary Report(2011B期より)」をご参照ください。

ページトップへ戻る↑

7.成果の公開について

課題実施期終了後3年以内に課題番号が明記されている査読付き論文(査読付きプロシーディングス、博士学位論文を含む)を発表し、JASRIに登録してください。論文発表に至らなかった場合は、「SPring-8/SACLA 利用研究成果集」または公開技術報告書等で公表してください。
論文登録先:http://user.spring8.or.jp/ (トップページ>マイページにログイン>申請/報告>論文発表等登録)
 成果の公開に関する詳細につきましては、UIサイトの「成果公表」をご参照ください。

ページトップへ戻る↑

8.その他

(1)消耗品実費負担
消耗品実費負担制度」をご覧ください。

(2)持ち込み試料
利用研究課題申請書に記載されているものに限ります(試料および薬品等申請書の変更を審査する時間がないため)。

(3)利用前手続きについて
 利用日の10日前までに、当該年度分の「外来放射線作業者登録申請書(様式5-1)」の書類提出が完了している必要がありますので、未提出の場合はご準備ください。詳細につきましては、UIサイトの「提出書類詳細」をご確認ください。

ページトップへ戻る↑

9.問い合わせ先

  〒679-5198  兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1
  公益財団法人  高輝度光科学研究センター利用推進部
    TEL:0791-58-0961  FAX:0791-58-0965
    e-mail:sp8jasri@spring8.or.jp

ページトップへ戻る↑

最終変更日 2014-09-05 15:05