ナビゲーション


BL05XU 概要

問い合わせ番号

INS-0000000422

ビームラインの概要

  理研 施設診断ビームライン I (BL05XU)では、蓄積リング直線部に設置する挿入型光源装置からの放射光を利用することができます。これらを利用して、蓄積リングの安定運転に寄与する光源電子ビームの性能診断や、蓄積リング等で使用する高耐熱機器・高耐放射線機器の開発を行っています。また、挿入型光源装置からの放射光をブラッグ反射ミラーにより蓄積リング内に戻すことによる、蓄積リングの電子エネルギーとほぼ同じエネルギーのGeV領域の準単色高エネルギーガンマ線の生成の研究が計画や、極短周期アンジュレータの試験研究の実施も計画されています。更に、オートサンプラーを用いた高効率蛍光X線分析も行えます。

研究分野

  • 加速器科学
  • 加速器ビーム診断
  • 加速器コンポーネントのR&D
  • 光源開発
  • オートサンプラーを用いた自動蛍光X線分析
  • X線顕微分光

キーワード

  • 研究関連
    ビーム診断、高熱負荷、放射線損傷、逆コンプトン散乱、蛍光X線分析

光源と光学系

光源: アンジュレータ(Out-vacuum型)

周期長 λμ:76 mm
周期数 Nperiod:51
K値(最大値): 5.8

BL05XUのレイアウト

光学系: 二結晶分光器

結晶:Si (111) *液体窒素冷却
エネルギー範囲:4 ~ 38 keV
エネルギー分解能:ΔE/E~10-4


実験ステーション

・KBミラーにより1-2μmサイズの集光ビームを用いた顕微蛍光X線分析とXAFS計測が可能です。
・X線検出器として、イオンチェンバー検出器、シリコンドリフト検出器、PINフォトダイオード検出器、可視光変換型X線イメージ検出器が整備されています。
・シリコンドリフト検出器を用いてMgからIについてK線による蛍光X線分析を行うことができます。
・300 mm長の自動ステージを有するオートサンプラーを利用する場合は、15mm幅で40mm長の試料板(1mmまたは2mm厚)の中心部15mm径程度の領域に固定された試料を測定することができます。同時に20個をオートサンプラーに装着し、自動測定を行うことができます。

 

文献検索 

BL05XU PUBLICATION SEARCH

 

連絡先


(注)e-mailアドレスは@マーク以下を省略していますので、アカウントの後に@spring8.or.jpを付けてください。

<加速器診断について>
高野 史郎
正木 満博
田村 和宏

<利用研究について>
加藤 和男 
(公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)
〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1丁目1-1 
Phone : 0791-58-0833
FAX : 0791-58-0830
e-mail : kkato
新田 清文 
(公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)
〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1丁目1-1 
Phone : 0791-58-0833
FAX : 0791-58-0830
e-mail : nittak

最終変更日 2017-04-19 14:32
カレンダー