化学試料準備室のページ      
   
      更新2008年6月2日

お知らせ


化学試料準備室より一般ゴミ箱を撤去しました。これは化学薬品の付着したワイプが捨てられたケースがあり、委託の清掃業者に健康被害が生じる可能性を否定できないためです。ご不便をおかけしますがご協力をお願いいたします。


化学試料準備室の運営は、利用研究促進部門が引き継ぐことになりました。

化学試料準備室の概略

リング棟D1扉のすぐ南側のd1を化学試料準備室として整備しています(d共2は閉鎖)。化学試料準備室には水(NaOH)スクラバーを備えたドラフトがあり、揮発性強酸・腐食性ガス(フッ酸など)等を用いた作業ができます。化学試料準備室は従来どおり、メールにより事前に申し込まれた方が使用でき、カードリーダーにより週7日、124時間入退室が可能です。利用者は使用に先立ち、担当者または副担当者によるインストラクションを受ける必要があります。

化学試料準備室使用の手順

(1) 利用申し込み

(2)  インストラクションとチェック

(3) 試薬の使用について

a. 備え付け試薬

b. 試薬の持込

c. ドラフト使用上の注意

d. 実験廃液

(4) ガスの使用

(5) 実験廃棄物

(6) 非常の場合

(7) その他の連絡

(8) その他の注意

(9) 専用ビームラインの利用者

(10) 備え付け設備機器のリスト

(11) 設備・機器の簡易マニュアル

(12) 担当者・副担当者一覧

担当者:岩本裕之(PHS:3884)

副担当者:


化学試料準備室に関連したご意見・ご質問がありましたら、化学試料準備室担当者まで連絡願います。