ナビゲーション


陶磁器の微量分析測定

  • 初心者向け

利用事例本文

蛍光X線分析は物質に含まれる元素組成を調べることのできる簡便な手法です。この手法は、非破壊であり、また、100keVを超える高エネルギーX線を使用することで、希土類などの重元素の組成分析に敏感です。
図に示すのは、陶磁器について測定した希土類の組成比です。この結果から、産地によりその組成比に特徴があることがわかりました。

 

有田、九谷、姫谷産の陶磁器の測定結果。蛍光X線測定による各希土類のピーク強度比の分布図

学術利用キーワード

A. 試料 無機材料, 有機材料
B. 試料詳細 環境関連物質
C. 手法 蛍光X線
D. 手法の詳細 微量元素分析
E. 付加的測定条件 室温
F. エネルギー領域 X線(>40 keV)
G. 目的・欲しい情報 元素分析(微量)

産業利用キーワード

階層1 環境
階層2 環境物質
階層3 焼却灰
階層4 元素分布
階層5

問い合わせ番号

SOL-0000001305

最終変更日 2006-03-30 11:00
カレンダー