ナビゲーション


BL04B2 概要

問い合わせ番号

INS-0000000417

ビームラインの概要

  BL04B2は37keV以上の高エネルギーX線を用いた回折、散乱実験を行う目的で建設された。非晶質物質用二軸回折計(高温電気炉 (〜1000℃)、無容器式ガス浮遊炉(1000℃〜3000℃))、超臨界流体の小角X線散乱用回折計、ダイヤモンドアンビルセル用IP回折計がタンデムに配置されている。

研究分野

  • ガラス、液体、アモルファス物質の構造解析
  • 高圧下のX線回折
  • 超臨界流体の小角散乱

キーワード

  • 研究関連
    高エネルギーX線回折、非晶質物質、高圧、超臨界流体、小角散乱
  • 装置
    二軸回折計、ダイアモンドアンビルセル、イメージングプレート

光源と光学系

  光源は偏向電磁石で水平方向の発散は0.73mradに制限されている。本ビームラインでは、高エネルギー領域でエネルギー分解能よりも強度重視の集光光学系を実現するため、水平1枚振りの湾曲分光結晶を採用した。結晶のブラッグ角は3°に固定されいるため、結晶面を変更することによりエネルギーを変更することができる。現在では、Si 111 (37.8keV, 113.4keV)およびSi 220 (61.4keV)が利用できる。光源から46m下流に設置された結晶の曲率半径は320mから430mまで変更できることから、集光点は実験ハッチ内の分光結晶から10-15mの間で調整ができる。

ビームラインの模式図

  • 試料位置でのX線
    エネルギー Si (111) : 37.8, 113.4 keV
    Si (220) : 61.4 keV
    エネルギー分解能 Δ E/E = 10-3 (モノクロメータから15m下流位置でのデータ、モノクロ上流でのビームサイズ : 0.2 (縦) × 4 (横) mm2)
    フォトンフラックス 37.8 keV非集光時 : 2.2 × 1010 (photons/sec/1 × 1 mm2 @100 mA) , 集光時 : 7.1 ×1011 61.7 keV 非集光時 : 3.4 × 109 , 集光時 : 9.2 × 1010
    集光点でのビームサイズ 37.8 keV : 0.220 mm61.7 keV: 0.375 mm (モノクロ上流でのビームサイズ : 0.2 (H) × 4 (W) mm2)
  • 参考文献
    M. Isshiki, Y. Ohishi, S. Goto, K. Takeshita and T. Ishikawa Nuclear Inst. and Methods in Physics Research, A:(2001) 467-8, 663-666

実験ステーション

文献検索

BL04B2 PUBLICATION SEARCH

 

連絡先

(注)e-mailアドレスは@マーク以下を省略していますので、アカウントの後に@spring8.or.jpを付けてください。

尾原 幸治
(公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)
 〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1丁目1-1
Phone : 0791-58-2750
FAX : 0791-58-0830
e-mail : ohara

今田 沙織
(公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)
〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1丁目1-1
Phone : 0791-58-2750
FAX : 0791-58-0830
e-mail : sao.imada

大石 泰生
(公財)高輝度光科学研究センター(JASRI) 
〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1丁目1-1 
Phone : 0791-58-2750
FAX : 0791-58-0830
e-mail : ohishi

最終変更日 2016-09-02 11:27
カレンダー