SPring-8, the large synchrotron radiation facility

Skip to content
» JAPANESE
Personal tools
 

BL44XU 概要

Inquiry number

INS-0000001497

ビームラインの概要

本ビームラインは蛋白質複合体、蛋白質・核酸複合体、ウイルスなどのような生体超分子複合体の高精度のX線回折データを測定するためにデザインされたビームラインです。

研究分野

  • 生体超分子複合体の結晶構造解析(例:膜蛋白複合体、蛋白質複合体、蛋白質・核酸複合体、ウイルス)

キーワード

  • 分野
    生体超分子複合体、蛋白質結晶構造解析、構造生物学
  • 装置
    ピクセル検出器EIGER X 16M、高精度ゴニオメータ、クライオストリーム冷却装置、サンプルチェンジャー

光源と光学系

主な光学系として、液体窒素冷却装置付二結晶分光器と水平方向焦点ミラーを使用している。

挿入光源 真空封止型アンジュレータ
アンジュレータ周期長: λu 32 mm
周期数: Nperiod 140
ビームラインの概略図

ビームラインの概略図

  • 試料位置でのX線
    エネルギー(波長)範囲 6.5 ~17.7 keV (1.9 Å〜0.7 Å)
    エネルギー分解能 ΔE/E < 2 × 10-4
    フォトンフラックス 3.0 × 1012 photons/s (φ50 µm)
    ビームサイズ φ70µm, φ50µm, φ30µm, φ20µm, φ10µm

実験ステーション

  • ゴニオメータ
    結晶の回転軸(φ) -720 ~ 720゜
    結晶周りのその他の軸 µ(ω)(0~15°)
    回転偏差 < ± 0.5 µm
    回転軸速度 1秒/180 ゜
    コリメーション 4象限スリットまたはピンホール
    試料観察用望遠鏡 CCDカメラ(ズーム可)
  • クライオストリーム冷却装置
    温度範囲 90 ∼ 300 K (N2 gas)
    35 ∼ 300 K (He gas)
    ノズル内径 7mmφ
  • サンプルチェンジャー
    SPACE-II
  • ディテクター

    Dectris社製 EIGER X 16Mが使用可能である。

    Number of detector modules 4 x 8
    Active area (width x height) 311.2 x 327.8 mm2
    Pixel size 75 x 75 µm2
    Inactive area 6.6 %
    PSF 1 pixel
    Maximum frame rate 133 Hz
    Maximum count rate 5 x 108 photons/s/mm2
    Counter bit depth 12 bit
    Image bit depth 16 or 32 bit
    Data format HDF5 / NeXus
  • サンプルカメラ距離 115 – 1200 mm
    オフセット (vertical) 0 – 150 mm
    0 – 15°
  • 主なデータ解析および構造決定ソフト
    • XDS
    • MOSFLM
    • autoPROC
    • CCP4

文献検索 

BL44XU PUBLICATION SEARCH

連絡先

(注)e-mailアドレスは画像で表示しています。

中川 敦史
大阪大学蛋白質研究所蛋白質解析先端研究センター
 住所:〒565-0871 大阪府吹田市山田丘3-2
 Phone : 06-6879-4313
 FAX : 06-6879-4313
e-mail : atsushi@

山下 栄樹
大阪大学蛋白質研究所蛋白質解析先端研究センター
 住所:〒565-0871 大阪府吹田市山田丘3-2
 Phone : 06-6879-8635
 FAX : 06-6879-4313
SPring-8 蓄積リング棟D29
 Phone: 0791-58-1814
 Fax : 0791-58-1814
e-mail:eiki@

Website

http://www.protein.osaka-u.ac.jp/rcsfp/supracryst/research/beamline/

Last modified