SPring-8ユーザ協同体(SPRUC)研究会
研究会の名称
  • コヒーレントX線物質科学研究会

研究会連絡先(問い合わせ窓口)
氏名: 大和田 謙二
所属: 量子科学技術研究開発機構
電話 / FAX: 0791-58-2701
e-mail: ohwada(at)qst.go.jp

研究分野

物質基礎、計測

関連するビームライン

BL11XU, BL13XU, BL22XU, BL29XU, BL39XU

研究会グループの概要、活動目標

第3世代放射光源の登場以降、実験遂行上十分な空間・時間コヒーレンスを持つX線の利用が可能となり、測定技術・解析手法の開発が急ピッチで行われてきた。その結果、一般の物質科学領域の放射光ユーザーにとってもコヒーレンス利用が手の届く所まで来ているように思われる。しかしながら、そのユーザー間で最先端コヒーレンス利用の研究成果やそのための技術情報の共有は十分にはなされてはいない。  本研究会は、コヒーレンス利用によって期待される磁気・分極ドメインやスキルミオン等の(動的・静的)高次構造の観測から物質内の大域的−局所的性質の相関の解明につなげ次世代物質科学の一翼を担い、また、構成員間でコヒーレンス利用に関する情報・技術を研究会等を通じて収集・共有し、SPring-8アップグレードに並行するビームライン高度化へ向けた具体的な研究構想実現の仕掛けとなる事を主目的とする。 本研究会活動を通じ、物質科学研究の高度化、コヒーレンス利用を軸とした他研究分野との連携、新しい放射光利用技術の開発による新規研究分野の開拓の可能性や要望を探り、もってSPring-8における物質科学研究の最先端研究に資する。これらの活動は他のSPring-8ユーザー共同体研究会や関連学会との連携の下で進める。


Feedback