spruc_logo

お問い合わせ先

〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1 (公財)高輝度光科学研究センター内
 SPring-8 ユーザー協同体 事務局
 TEL:0791-58-0970 FAX:0791-58-0928 e-mail: users@spring8.or.jp

SPring-8 ユーザー協同体について

2012年4月改訂
2013年7月改訂
2015年6月改訂
2016年8月改訂
2017年7月改訂
2018年8月改訂
2020年7月改訂

目的

SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)は、大型放射光施設SPring-8のユーザー組織として、研究基盤としてのSPring-8を有効 に利活用していくために、登録施設利用促進機関や施設所有者の理化学研究所等と緊密な連携のもと、SPring-8と学術・産業界の架け橋となり、その利 活用の高度化と最適化、科学技術的進展に協力する。また会員相互の交流を通して、放射光科学・量子ビーム科学の発展と分野の展開を図ることを目的とする。

組織

上記の目的を達成するため本会の会員はSPring-8を利用する全ての利用者とし、SPring-8のユーザー登録時に自動的に本会に入会するも のとする。

本会には会長、評議員会、幹事及び各種委員会を置き、会の運営を行う。評議員の定数は30名で任期は2年(半数を毎年改選)。評議員は、後述の機関 代表者 により会員の中から推薦され、会員による選挙により決定する。会長は評議員の中より互選により選出され、幹事を指名する。(会長・幹事の任期は2年)

また、本会の運営方針に対して助言等を得るために、代表機関と機関代表者を置く。代表機関は、SPring-8のユーザーが多数所属する大学、研究 機 関、企業団体などの中から、2年毎に評議員会が推薦し、総会で決定する。機関代表者は、利用者の視線に立ち研究現場の意見を集約できる有識者を代表機関に 所属するユーザー等が協議して選出することとする。機関代表者は代表機関会議に参加し、評議員候補の推薦及び有識者として本会の活動について助言を行う。

組織図の拡大はこちら

活動要綱

  • SPring-8の利活用について、全ユーザーが参加し利用者目線で意見を集約ができる学際的組織とする。

  • 研究現場だけの意見ではなくSPring-8の運営・経営に科学技術的/社会的観点からコミットできる組織とする。

  • SPRUCの活動は、個人の学会活動ではなく、登録施設利用促進機関等と連携しSPring-8利用動向調査等を行い、学術・産業における学 協会とSPring-8とのインターフェイスとなる。

会長挨拶

今年度より第5期のSPRUC会長に選出されました。SPRUCは2012年4月に設置され、現在の会員数は13000人を超えております。SPring-8を利用する全てのユーザーが会員として登録され、研究会の数も50を超えることからもわかりますように学術会や産業界の多様な分野の研究者の方々から構成されています。私自身はSPRUCの活動に第3期から幹事として関わってきましたが、その期間、SPring-8の将来に向けた取り組みが一つの重要な活動となってきました。その取り組みを少し振り返りますと、2016年の12月に藤原明比古氏を責任者として「SPRUC ビームライン高性能化検討作業部会」が立ち上がりました。短期的には、検出器や計測システムの著しい技術進歩にともない、それらを既存のビームラインに取り組むことで先端研究を促進するという目的、中長期的にはSPring-8の次期計画を想定した検出器や測定システムの開発を行う目的で、議論が繰り広げられました。また2017年夏に行われたSPring-8シンポジウム(広島大学)で初めてパネルディスカッションが設けられ、ユーザーと施設側との意見交換がより活性化されました。昨年度のシンポジウム(岡山大学)ではパネルディスカッションが3回目を数え、施設とユーザー間でビームライン再編、次期計画の進捗状況を共有しつつ議論を深めることを目的として盛大に議論が繰り広げられました。また、2019年3月に上述のBL高性能化検討作業部会に議論に基づいて、第1回BLsアップグレード検討ワークショップが開催されました。2020年2月初旬には第2回のワークショップが開催され、かなり具体的な形でBL再編について検討や議論が活発に行われました。そこではユーザーの生の意見が飛び交い、SPRUCの重要性を再認識した次第です。このように、ユーザーと施設の間での意見交換を行う場を設け、今後もより有効に機能していくように導く努力をすることが我々SPRUC幹事に与えられた一つの仕事と認識しております。
ここで新体制での各幹事を紹介させていただきます(敬称略)。

      副会長(SPring-8担当) 足立 伸一(高エネルギー加速器研究機構)
      副会長(SACLA担当)   米田 仁紀(電気通信大学)
      副会長(産業利活用担当) 本間 穂高(新日鉄住金(株))
      庶務幹事    松下 智裕(奈良先端科学技術大学院大学)
      広報・渉外幹事 竹中 幹人(京都大学)
      編集幹事    竹田 幸治(日本原子力研究開発機構)
      会計幹事    久保田 佳基(大阪府立大学)
      行事幹事 西堀 英治(筑波大学)
      行事幹事 横谷 尚睦(岡山大学)
      行事幹事 大和田 謙二(量子科学技術研究開発機構)
      行事幹事 松村 大樹(日本原子力研究開発機構)
      SPring-8利用委員会委員長  田中 義人(兵庫県立大学)
      利用幹事(SPring-8担当)  三村 功次郎(大阪府立大学)
      SACLA利用委員会委員長  米田 仁紀(電気通信大学)
      利用幹事(SACLA担当) 兒玉 了祐(大阪大学)
      企画委員会委員長  若林 裕助(東北大学)
      企画幹事    藤原 秀紀(大阪大学)
      監事      高原 淳(九州大学)
      監事      中川 敦史(大阪大学)
      監事      水木純一郎(関西学院大学)

最後に、雨宮慶幸第1期会長にはじまり、高原淳第2期会長、中川敦史第3期会長、水木純一郎第4期会長といった方々が築かれたことを継承し、微力ながらさらなるSPring-8の発展を通して人材育成や社会の発展に貢献できるように活動していきたいと考えていますので会員の皆様にはご支援のほどどうぞよろしくお願いいたします。



SPring-8ユーザー協同体 会長
広島大学 先進理工系科学研究科
木村 昭夫

© SPring-8 Users Community 2020