大型放射光施設 SPring-8

コンテンツへジャンプする
» ENGLISH
パーソナルツール
 

各種委員会

ビームライン評価委員会

時期:2002年∼2006年(平成14年∼18年)
概要:公益財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI)では、平成14年度より、SPring-8の共用ビームラインについて、ビームライン全体の高い研究活性を展開していくために、個々のビームラインの性能と高度化等の整備状況、研究活動、共同利用支援、将来計画について、外部評価を行い、平成18年度までの5年間で全ての共用ビームラインの評価を実施しました。

SPring-8ビームライン評価委員会報告書

 

科学技術・学術審議会 実施分

中間評価

概要:「文部科学省における研究及び開発に関する評価指針」(平成17年9月26日文部科学大臣決定)により、研究開発施策等については、5年を一つの目安として定期的に中間評価を行うこととされています。
 SPring-8については、第1回の中間評価が平成14年9月に実施され、その後、第2回目の中間評価が平成19年7月に実施され、その後、第3回目の中間評価が平成25年4月~6月に実施されました。

最終変更日 2017-05-24 16:27