大型放射光施設 SPring-8

コンテンツへジャンプする
» ENGLISH
パーソナルツール
 

線型加速器

 


    シンクロトロンに対する前置入射器、またNewSUBARUに対する入射器として運転される。電子発生部である電子銃 は熱電子型でBa含浸型タングステンを用いている。電子ビームは電子銃から約180 kVの電圧で引き出され、パルスの時間幅は1 nsまたは40 nsが選択できる。電子ビームはバンチャー部で集群された後、25本の加速管で1 GeVまで加速される。その後、エネルギー圧縮システム(ECS)部でエネルギー幅を小さくしてからシンクロトロンまたはNewSUBARUへと送られ る。線型加速器と加速される電子ビームの性能は表にまとめてある。
     
 
First stage of the linear accelerator
Whole view of lthe linear accelerator
線型加速器初段部
線型加速器全体
 
 電子エネルギー(出射時) 1 GeV 1.2 GeV (max.)
 全長 140 m
 加速管
 定勾配型進行波加速管
25(ECS を除く。)
2π / 3 mode
 ピーク電流/パルス幅
 シングルバンチ入射 (蓄積リング)
 マルチバンチ入射 (蓄積リング)
 シングルバンチ入射  (NewSUBARU)
 
2 A / 1 ns
350 mA / 40 ns
200 mA / 1 ns
 規格化エミッタンス >100 π mm•mrad (90%)
 繰り返し周波数 60 pps (max.)
加速周波数 2856 MHz
 エネルギー幅
 
 
0.45 % / 1.7 A / 1 ns
0.32 % / 660 mA / 1 ns
0.55 % / 70 mA / 40 ns





最終変更日 2016-06-20 10:35