大型放射光施設 SPring-8

コンテンツへジャンプする
» ENGLISH
パーソナルツール
 

光学系

ミッション

SPring-8の有する世界最高性能の高輝度X線の機能を抽出し (エネルギー, 偏光, フラックス, 時間, 空間, エネルギー幅を自在に切り出し), 利用に供するため光学系を横断的, 効率的に維持管理, 高度化していく.

  • 既設ビームラインにおいては, 光源・基幹チャンネルと実験ステーションの間の橋渡しとして, 光源性能を損なうことなく, 安定かつ放射光ユーザの必要とする光に加工し提供する. この目的のため, 光学機器を維持し, 真空を維持し, 遮蔽性能を維持し, さらにビームの状態を監視し安定化していく.
  • 新たなビームライン建設や既存ビームラインの改造にあたって, 既存の技術では実現し得なかった高機能の放射光を提供し, 新たな放射光利用の可能性を開拓しつつ, 機器設計, 建設, 改造を推進する. このため, X線光学を基軸に, 伝熱工学, 機械工学, 精密工学, 真空工学,さらには数値解析など多岐にわたる科学技術を融合し,従前の技術では不可能とされていた機器の開発と導入をおこなう.

世界最高の高輝度X線を分光、集光、偏光制御等を施すビームライン光学系の技術開発と高度化を推進するとともに、横断的かつ効率的に維持管理を担う。

活動内容

ビームラインのフロントエンドと実験ステーションの間のセクションである光学系の維持管理, 新規ビームラインにおける機器設計, 建設サポート, および要素技術に関する開発などを光学系グループでは行っている.

分光器やミラーといったビームラインの主要光学系について, 実験ステーションにおいて必要とされる性能を出すべく, 光学素子およびその調整機構, 冷却機構などの維持管理をおこなうとともに, 性能向上のための開発をおこなっている.

  • 分光結晶, 結晶ホルダ, 調整機構, およびベンダによる集光機構に関する維持管理および開発
  • 冷却関連の維持管理および開発 (アンジュレータビームライン用ピンポスト型結晶, アンジュレータビームライン用液体窒素冷却, アンジュレータビームライン用ダイヤモンド結晶, 偏向電磁石ビームライン用直接冷却結晶など)
  • 回折格子分光器など軟X線光学系の維持管理および開発
  • ミラーおよび調整機構の維持管理および開発 (ミラーの母材研磨技術, 表面コーティング技術, 研磨加工技術, ベント技術など)
  • 高エネルギー分解能分光器/アナライザの製作, 評価, および利用技術に関する研究
  • 集光ミラー, 屈折レンズ等の開発と評価
  • 移相子など偏光光学系の開発と評価
  • 有限要素法による熱負荷光学素子に対する解析, その他X線光学における各種理論的な検討
  • 光学機器の振動抑制技術開発
  • 結晶加工および光学系評価ラボラトリの運用
最終変更日 2015-02-03 11:46