大型放射光施設 SPring-8

コンテンツへジャンプする
» ENGLISH
パーソナルツール
 

SPring-8研修会 2020年度第1回 CT見学会

開催期間 2020年06月19日 (金) 09時30分から16時30分まで
開催場所 大型放射光施設 SPring-8中央管理棟1階会議室、測定準備室等
主催 (公財)高輝度光科学研究センター
形式 普及・啓蒙(研修会)
概要

 SPring-8の共用ビームラインには、X線CTの撮影が、0.1ミクロンから数cmまでの広い空間領域計測が可能なビームラインが複数あります。これらのうち、今年度前半は、BL47XU、BL20XUにおいて、CT撮影技術の見学会を行います。
X線CTは試料を置くだけで撮影できる簡便な計測法ではありますが、試料の大きさやX線吸収による制限があり、必要な空間分解能や試料の密度に応じて適切なビームラインを選択する必要があります。

 本見学会は、CTの原理・撮影装置・画像再構成法に関する講義とビームライン見学を通して、潜在的利用者が試料準備などの実験計画を立て、研究課題の申請までをお手伝いします。
持ち込み試料の測定はJASRIスタッフが行いますので、参加者の放射線作業従事者登録は不要です。

実施ビームライン:
BL47XU:高分解能(空間分解能150nm程度)

試料条件:
試料サイズ直径0.1mmまで、画素サイズ約50nm、X線エネルギー15keV、視野50um程度。
エネルギーは固定です。試料のX線透過率が10%以上となるようにしてください。(ex.直径0.1mmの試料の場合⇒アルミ・シリコン:OK,鉄・銅:NG)
有機物系の試料はX線損傷(溶融・分解等)を受けることがあります。
試料の準備方法は申し込み後、担当者とご相談ください。

日時:
2020年6月19日(金) 9:30 ~ 16:30

対象:
SPring-8におけるCT撮影の経験がなく、課題申請を検討している研究者。
※放射線作業従事者登録不要。

プログラム


時間:9:30~16:30
内容: 参加者の試料計測(グループごと2時間程度)を行いつつ、CTの原理、CT計測装置の説明、画像再構成、データ処理方法などの説明を行います。
計測および画像再構成はスタッフが行います。

定員:最大4グループ (1グループ3名以内)※1グループでも実施します。
・ 持込み試料について組成・形態・数量等について正確にご記入下さい。申込者多数の場合の判断基準となります。
・ 申込者多数の場合は、当方での調整に一任願います。調整後、全ての申込者に参加の可否について連絡致します。
・ 申込順ではありませんのでご注意下さい。(早めにお申し込み頂いた場合でもご参加頂けない場合があります。)
・ 試料計測なしの参加も可能です。

ユーザー持込試料
<持ち込み試料の制限は次の通り>
・ 安全、法規上問題のないもの
・ 汚染、破損、紛失しても構わないもの
・ 他参加者の目にふれても構わないもの
※測定は、室温・大気中で行います。
※試料については、必ず見学会の前にご相談ください。
※データ持ち帰り用に、USB3接続のHDDもしくはSSD(空き容量100GB以上)を持参して下さい。

その他の注意事項
・ 見学会への参加は無料です。
・ 見学会参加者への旅費支給等はありません。
・ SPing-8研究交流施設はご利用になれません。
※新型コロナウイルス感染拡大状況に拠り、開催延期といたします。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

申込方法:
お問い合わせ等は事務局までお願いいたします。             

担当:(内容・試料・ビームラインの選択について)
分光・イメージング推進室
八木直人 (yagiatspring8.or.jp)  上杉健太朗(uekenatspring8.or.jp)

事務担当:(手続きについて)
利用推進部 普及情報課
担当:濱本美和子(jasri-event@spring8.or.jp)

問い合わせ先 登録施設利用促進機関・公益財団法人高輝度光科学研究センター (JASRI) 利用推進部 普及情報課 担当:濱本美和子
0791-58-2785
0791-58-2786
jasri-event@spring8.or.jp
最終変更日 2020-05-19 09:29