大型放射光施設 SPring-8

コンテンツへジャンプする
» ENGLISH
パーソナルツール
 

第4回蛋白質結晶構造解析における放射線損傷国際ワークショップ

開催日時:平成18年3月7日(火)~8日(水)
開催場所:SPring-8 放射光普及棟
参加申し込み:受付は終了いたしました。

主催・共催:
独立行政法人理化学研究所播磨研究所
財団法人高輝度光科学研究センター
高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所
北海道大学大学院理学研究科
大阪大学蛋白質研究所
東京大学大学院農学生命科学研究科
横浜市立大学大学院総合理学研究科
京都大学大学院理学研究科
北海道大学大学院薬学研究科
大阪大学大学院理学研究科

ワークショップの意義と概要
 本ワークショップは、第1回が1999年にフランスESRFで開催され、それ以降第2回2001年アメリカAPS、第3回2003年フランスESRFで 開催されものの第4回として位置づけられるものである。蛋白質結晶構造解析における放射線損傷国際ワークショップは、第3世代放射光施設の超高輝度放射光 利用によって飛躍的な進歩を遂げた蛋白質結晶構造解析において、現在超高輝度放射光利用における最大の障壁として世界的に認識されている放射線損傷の克服 に向けて、定期的に開催されている情報交換と共同研究を視野に入れた国際ワークショップである。
 そこで、現在構造生物学研究および構造ゲノム研究において、世界的に放射光ビームラインの超高輝度放射光利用をリードしている研究者が集まり、最新の活 動状況の報告、情報の交換および議論を行い、放射線損傷の克服に向けたさらなる発展を促す事を目的としている。

New! Workshop Program & Abstracts

組織委員会委員
山本雅貴 (理研・JASRI/委員長)
若槻壮市 (高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所)
田中勲 (北海道大学大学院理学研究科)
中川敦史 (大阪大学蛋白質研究所)
田之倉優 (東京大学大学院農学生命科学研究科)
西村善文 (横浜市立大学大学院総合理学研究科)
三木邦夫 (京都大学大学院理学研究科)
稲垣冬彦 (北海道大学大学院薬学研究科)
倉光成紀 (大阪大学大学院理学研究科)
Elspeth Garman (Univ. of Oxford,U.K.)
Colin Nave (SRS, Daresbury, U.K.)
Sean McSweeney (ESRF, France)
Raimond Ravelli (EMBL, Grenoble, France)
Gerd Rosenbaum (Univ. of Georgia, U.S.A.)

現地実行委員会
山本雅貴(理研・JASRI/委員長)、上野剛(理研)、西野吉則(理研)
清水伸隆(JASRI)、 吉村政人(大阪大)

連絡先
事務局(射延文)
〒679-5148 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1
TEL: 0791 58 0987
FAX: 0791 58 0988
E-mail: rd4workshop@spring8.or.jp
現地実行委員会(山本雅貴)
TEL: 0791 58 2839
FAX: 0791 58 2834
E-mail: yamamoto@postman.riken.go.jp
最終変更日 2009-05-27 12:36