大型放射光施設 SPring-8

コンテンツへジャンプする
» ENGLISH
パーソナルツール
 

BL20B2 概要

問い合わせ番号

INS-0000000470

ビームラインの概要

  BL20B2は偏向電磁石を光源とするビームラインである。このビームラインでは、5-113keVのX線を利用して、医学利用や様々なX線イメージングの実験を行う事が出来る。光学系はSPring-8標準型2結晶分光器のみである。分光器により単色化されたX線は蓄積リング棟および中尺ビームライン実験施設まで導かれる。このビームラインには蓄積リング棟に1つ、中尺ビームライン実験施設に2つの実験ハッチがある。

研究分野

micro-radiography, micro-angiography, micro-tomography, refraction-contrast imaging などが主として利用されている技術である。医学利用研究を目的とした、小動物の実験を実施する事も可能。

光学素子の評価やX線イメージングの基本技術の研究開発。

キーワード

  • 研究分野
    医学利用, 物質科学, 惑星科学, X線光学, 生命科学
  • 装置
    中尺ビームライン, 高分解能X線検出器, 大面積X線検出器, 高精度回折計
  • 手法
    屈折コントラストイメージング, アンジオグラフィー, CT, トポグラフィー, 極小角散乱, 大面積イメージング, 多結晶回折トポグラフィー

光源と光学系

Schematic View of Beamline

  • X-rays at Sample

    Critical energy 28.9 keV
    Beam divergence 1.5 mrad (Horizontal)0.06 mrad (Vertical)
    Energy range Si 311 : 8.4 ∼ 72.5 keVSi 111 : 5.0 ∼ 37.5 keVSi 511 : 13.5 ∼ 113.3 keV
    Beam size 1 about 75 mm (H) × 5 mm (V) in the experimental hutch 1 located in the experimental hall (Si 311)
    Beam size 2 about 300 mm (H) × 20 mm (V) in the hutches located in the Medium-length Beamline Facility (Si 311)

    Fig.2. Overview of beamline

    Fig.3. Beamline in the experimental hall

実験ステーション

文献検索 

BL20B2 PUBLICATION SEARCH

 

連絡先

(注)e-mailアドレスは@マーク以下を省略していますので、アカウントの後に@spring8.or.jpを付けてください。

上杉 健太朗
(公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)
〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1丁目1-1
Phone : 0791-58-0833
FAX : 0791-58-0830
e-mail : ueken

梅谷 啓二
(公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)
〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1丁目1-1
Phone : 0791-58-0833
FAX : 0791-58-0830
e-mail : umetani

星野 真人
(公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)
〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1丁目1-1
Phone : 0791-58-0833
FAX : 0791-58-0830
e-mail : hoshino

長谷 栄治
(公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)
〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1丁目1-1
Phone : 0791-58-0833
FAX : 0791-58-0830
e-mail : hase

最終変更日 2017-10-13 14:14