大型放射光施設 SPring-8

コンテンツへジャンプする
» ENGLISH
パーソナルツール
 

BL35XU 概要

問い合わせ番号

INS-0000000514

ビームラインの概要

  このビームラインはX線非弾性散乱と核共鳴散乱を用いて物質のダイナミクスを研究するために建設された。 [Baron, et al, J. of Phys. Chem. Solids 61, (2000) 461]. X線非弾性散乱はmeVのエネルギー分解能で1nm-1より大きい移行運動量での動的構造因子S (Q, ω)を測定する手法である。この手法は、中性子非弾性散乱では測定することが難しい液体やガラスなどの複雑系物質や小さな試料に対して有益である。特に低い移行運動量領域1 nm-1で大きな励起エネルギー(< 0.5 eV)をmeVエネルギー分解能で測定できるという特徴がある。一方、ビームサイズは約100 µmであるため、小さな試料(< 0.01 mm3)でも効率のよい測定が可能であり、中性子非弾性散乱で必要とされる100 mm3程度以上の大きな試料を必要としない。核共鳴散乱はmeV分解能で特定元素のフォノン状態密度を測定でき、さらにneV分解能のダイナミクスを検出するためのいくつかの測定技術(核共鳴前方散乱、核共鳴ブラッグ散乱、時分割干渉散乱)を有している。

研究分野

  • meVエネルギー・スケールでの物質のダイナミクス:フォノンや液体やガラスからの素励起
  • X線非弾性散乱(IXS)や核共鳴散乱(NRS)を含む実験手法
  • KBミラーを使って直径20ミクロンの集光ビームを使ったX線非弾性散乱

キーワード

  • 研究領域
    X線非弾性散乱、ダイナミクス、フォノン、動的構造因子、集団励起、液体、ガラス、複雑系物質、超伝導体、核共鳴散乱、フォノン状態密度
  • 装置
    アナライザー、高分解能X線光学系、背面反射、CdZnTe検出器、アバランシェフォトダイオード、時分割測定

光源と光学系

  • X-rays at Sample
    Energy range 14.4 ∼ 25.7 keV (fundamental)
    Energy Resolution 10-4-10-8

実験ステーション

文献検索 

BL35XU PUBLICATION SEARCH

 

連絡先

(注)e-mailアドレスは@マーク以下を省略していますので、アカウントの後に@spring8.or.jpを付けてください。

内山 裕士
(公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)
〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1丁目1-1
Phone : 0791-58-2750
FAX : 0791-58-0830
e-mail : uchiyama

筒井 智嗣
(公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)
〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1丁目1-1
Phone : 0791-58-2750
FAX : 0791-58-0830
e-mail : satoshi

最終変更日 2017-10-06 15:38