大型放射光施設 SPring-8

コンテンツへジャンプする
» ENGLISH
パーソナルツール
 

SPring-8研修会

主題/内容 X線小角散乱法を用いたソフトマテリアル構造解析
開催期間 2018年01月17日 (水) 09時30分から18日 (木) 09時30分まで
開催場所 講義:中央管理棟 上坪講堂、実習:蓄積リング棟実験ホール BL40B2
主催 (公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)
形式 普及・啓蒙(研修会)
概要

 構造生物学II(BL40B2)ビームラインにおいて、X線小角散乱実験の研修会を開催します。高輝度放射光X線を利用した小角散乱実験は、ソフトマテリアルの機能とその階層的構造の相関を明らかにする実験手法として、幅広いユーザー層に利用されています。BL40B2では、本年度、階層的構造の時間発展をテーマとする利用研究を推進するために、2次元ピクセル検出器(PILATUS3 S 2M)をX線小角散乱測定装置に導入します。この導入により、40ミリ秒での構造変化の観察が可能になるほか、計測可能な散乱角度の拡大や計測効率の向上が見込まれ、ソフトマテリアルのその場構造解析の可能性が拡がるものと期待されます。
 本研修会は、講習と実習を通して、ユーザーが本測定装置の特徴や利用上の留意点を理解し、今後の実験計画の立案に役立てることを目的としています。また、ソフトマテリアル構造解析をこれから始めるユーザー、特に産業界や産学連携の新規ユーザーが、X線小角散乱測定技術を習得することも目的としています。

場所:大型放射光施設 SPring-8(17日-18日)
(実習)SPring-8 蓄積リング棟実験ホール BL40B2
リング棟外周D20側室  (17日午後~18日9:30まで)
アクセス:http://www.spring8.or.jp/ja/about_us/access/access_chart
キャンパスマップ:http://www.spring8.or.jp/ja/about_us/access/campus_map

プログラム
時間 内容 詳細
1/17 9:30 - 10:30 各自ユーザー手続き  
10:30 - 12:00 講習 装置/実験の概要説明
12:00 - 13:00 昼食
13:00- 実習 参加者持込み試料# を用いた測定実習

# 持込み試料に関しては、下記注意事項をご確認ください。

対象者
・BL40B2(注)でのX線小角散乱法の課題申請を検討中の方
・BL40B2でのX線小角散乱法の課題が採択された、もしくは申請中の方

応募多数の場合は、参加をお断りする場合があります(研修会参加の可否判断はJASRIに御一任ください)。なお、放射光利用の経験がない方およびSPring-8での放射光利用が課題申請を検討されている方を優先させていただきます。
(注)BL40B2に関しては以下のURLの内容をご参照ください。
http://www.spring8.or.jp/wkg/BL40B2/instrument/lang/INS-0000000535/instrument_summary_view

定員:5グループ(予定)、1グループ2名程度
(各グループ2時間程度の測定実習を行います。)

申込方法
こちらから参加登録をお願いします。
登録バナー

申込締切
2017 年 12 月 18 日(月)10:00(予定)
ただし、定員に達し次第締め切りとする。

注意事項
持込み試料に関しては、以下をご確認ください。
○ 試料についての情報(組成、形状、数量など)は申込時に正確にご記載ください。
○ 数量に制限はございませんが、すべてを測定できない場合がございます。
○ 申し込み後、試料・計測条件に関して打ち合わせさせていただく場合がございます。
○ 試料は、他の参加者(見学者)の目に触れる可能性がございます。

問合せ先
研修会担当:
JASRI利用研究促進部門 太田昇、関口博史、稲葉理美
e-mail : noboru_oatspring8.or.jp

事務局:(手続き等について)
公益財団法人高輝度光科学研究センター (JASRI)
利用推進部 普及情報課
担当:冨松 
Tel:0791-58-2785 Fax:0791-58-2786
e-mail : jasri-event@spring8.or.jp

最終変更日 2017-10-05 16:24