大型放射光施設 SPring-8

コンテンツへジャンプする
» ENGLISH
パーソナルツール
 

日本ボンド磁性材料協会/第25回SPring-8先端利用技術ワークショップ

主題/内容 ~金属/樹脂複合材料の構造と機能の可視化~
開催期間 2018年02月20日 (火) から21日 (水) まで
開催場所 SPring-8サイト(〒679-5198兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1)上坪講堂他
主催 日本ボンド磁性材料協会
(公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)
概要 poster

特殊な形状を必要とする磁石部材には、磁粉をバインダーと調合して成形する「ボンド磁石」が用いられ、薄肉リング磁石を必要とするハードディスク用スピンドルモータなどの回転機器や複合機用のマグネットローラーなど主要工業製品に応用されている。また、事務用品や教材で用いられるゴム磁石もボンド磁石の1つであり、軽さとしなやかさを兼ね備えた磁石として一般生活にも普及している。一方、磁力、密度、配向性、成形性、強度、耐熱性などの諸特性に対するコンシューマーニーズは急速に多様化しており、それらの要求に応えるための製品開発が続いている。そこで本ワークショップでは、ボンド磁石開発に共通かつ普遍的な技術項目として、合金や酸化物と樹脂による複合材料の構造と機能に着目し、放射光X線による先端解析技術の適用による課題解決について議論する。また、金属/樹脂複合材料は、自動車用タイヤや軽量構造材料などで広く採用され、放射光X線解析に関する技術面での共通性も高いことから、幅広い材料分野からの参加者を歓迎する。

対象:磁石・材料研究にてSPring-8の利活用を検討する産学の研究者・技術者

申込方法

参加費:無料(事前登録制 定員40名程度)
※技術交流会参加費 3000円:当日受付でお支払い下さい(現金のみとさせていただきます)。
登録バナー

申込締切

2018年2月16日(金)12:00ただし定員に達し次第締め切ります。

プログラム
2018年2月20日(火曜日:1日目)
13:30~13:40 主催者挨拶①  公益財団法人 高輝度光科学研究センター(JASRI)
13:40~13:50 主催者挨拶②  日本ボンド磁性材料協会
13:50~14:10 放射光X線による材料研究の概要 JASRI 櫻井 吉晴
14:10~14:30 X線CTによる材料内部微細構造イメージング JASRI 上杉 健太朗
14:30~14:50 高温・雰囲気制御下のその場X線回折技術  JASRI 河口 彰吾
14:50~15:10 休憩
15:10~15:30 小角X線測定を利用した多成分系複雑構造評価 JASRI 増永 啓康
15:30~16:00 放射光X線光電子分光によるゴム/金属界面の化学状態解析 横浜ゴム株式会社 鹿久保 隆志
16:00~16:30 ボンド磁石の現状と課題 日本ボンド磁性材料協会 大森賢次
16:30~16:40 休憩・移動
16:40~17:20 BL見学(参加希望人数により数班程度に分かれます)
(見学BL)BL03XU, BL02B2, BL47XU, BL39XU, BL25SU(A2扉~C1扉)
17:20~17:30 移動
17:30~    技術交流会(食堂)
 
2018年2月21日(水曜日:2日目)
9:00~11:00 BL利用検討者における個別利用相談(希望があれば追加のBL見学を実施します) JASRI 共用ビームライン担当者
12:00 終了〜解散
   

問い合わせ先 SPring-8先端利用技術ワークショップ事務局 (公財)高輝度光科学研究センター  利用推進部 冨松
0791-58-2785
0791-58-2786
sp8workshop@spring8.or.jp
最終変更日 2018-01-09 10:01