SPring-8, the large synchrotron radiation facility

Skip to content
» JAPANESE
Personal tools
 

高エネルギーX線マイクロビームを用いた重金属蓄積植物の分析

  • Only SPring-8

Inquiry number

SOL-0000001576

Beamline

BL37XU (Trace Element Analysis)

Scientific keywords

A. Sample category biology, medicine
B. Sample category (detail)
C. Technique fluorescent X-rays
D. Technique (detail) XANES, trace-element
E. Particular condition microbeam (1-10 µm)
F. Photon energy X-ray (4-40 keV), X-ray (> 40 keV)
G. Target information chemical state, local structure, elemental composition, trace element, elemntal mapping

Industrial keywords

level 1---Application area others
level 2---Target
level 3---Target (detail)
level 4---Obtainable information element distribution
level 5---Technique

Classification

Body text

この事例は,高エネルギーマイクロビームを利用して,カドミウム蓄積植物について調べたものです。ミクロンレベルの分解能が得られることにより,毒性金属の植物体内での代謝についての知見を得ることを目的としています。
図に示すのは,トライコームと呼ばれる葉の表面に生えるひげのようなものの蛍光X線イメージング結果です。小さなトライコームの中にも関わらず,カドミウムの分布が亜鉛などと異なっていることがわかりました。

図 トライコームの蛍光X線イメージング

Source of the figure

Private communication/others

Description

Technique

マイクロビームに関しては事例:全反射ミラーを用いた高エネルギーX線マイクロビーム を参照して下さい。この事例ではX線エネルギー37keVで1.5ミクロン程度のビームサイズが実現されています。

Source of the figure

No figure

Required time for experimental setup

1 shift(s)

Instruments

Instrument Purpose Performance
高エネルギーX線マイクロビーム調整装置 マイクロビーム生成 ビームサイズ1ミクロン程度

References

Related experimental techniques

Questionnaire

The measurement was possible only in SPring-8. Impossible or very difficult in other facilities.
This solution is an application of a main instrument of the beamline.
This solution is application of a new instrument installed in the past two years.

Ease of measurement

Middle

Ease of analysis

How many shifts were needed for taking whole data in the figure?

More than ten shifts

Last modified