大型放射光施設 SPring-8

コンテンツへジャンプする
» ENGLISH
パーソナルツール
 

BL41XU 概要

問い合わせ番号

INS-0000000538

ビームラインの概要

BL41XUは、2.2 × 1012〜1.1 × 1013 (photons/s@1 Å) の世界最高レベルの高強度ビームを用いた回折実験ができるタンパク質結晶解析ビームラインです。主として、膜タンパク質など良質な結晶を作るのが困難な試料からの回折データ測定に利用されています。ビームサイズを4 × 5 〜22(H) × 45(V) µm2の範囲で切り替えて利用できることから、数µmから数百µmまでの様々な大きさの結晶の回折データ測定に利用できます。
また、19 keV~35 keVの高エネルギーX線を用いた回折データ測定も行うことができます。

研究分野

  • 生体高分子X線結晶構造解析
  • 超高分解能構造解析
  • 微小結晶構造解析

キーワード

  • 測定手法
    微小結晶構造解析、超高分解能構造解析、高エネルギーX線結晶構造解析
  • 装置
    ピクセル検出器PILATUS3 6M、CMOSフラットパネル検出器、サンプルチェンジャー、N2/Heガス吹き付け低温装置

光源と光学系

このビームラインは、SPring-8標準の真空封止型アンジュレータを光源とし、ビームの単色化に液体窒素冷却方式のシリコン2結晶分光器を用いています。6.5 ∼ 17.7 keVのX線を用いる通常モードでは、第1水平集光ミラーとKBミラーを組み合わせた水平2段集光光学系を用いて集光しています。この光学系により、ビームサイズは4 × 5 〜22 (H) × 45 µm2 (V)の範囲で変更することができます。19 ∼ 35 keVの領域を利用する高エネルギーモードは屈折レンズを用いて集光を行っています。

エネルギー(波長)範囲 通常モード:6.5 ∼ 17.7 keV (1.9 ∼ 0.7 Å)
高エネルギーモード: 19 ∼ 35 keV (0.65 ∼ 0.35 Å)
エネルギー分解能 ΔE/E < 2 × 10-4
ビーム発散角 < 1 mrad
ビームサイズ 通常モード:
2 × 2 µm2 ~ 35 (H) µm × 50 (V) µm2
(ユーザー利用時 4(H) × 5(V) µm2 ~ 22(H) × 45(V) µm2 )
高エネルギーモード
30 × 30 µm2 ~ 300 × 300 µm2
ビーム強度 通常モード:
1.7 × 1012 ~ 4.3 × 1013 (phs/sec@12.4 keV)
(ユーザー利用時‡ 2.2 × 1012 ~ 1.1 × 1013 (phs/sec) )
高エネルギーモード:
1.9 × 1010 〜 2.6 × 1012 (phs/sec@30 keV)

19 keV以上の高エネルギー(0.65 Å以下の短波長)X線を利用する場合には、利用する装置の切り替えが必要ですので、課題申請時にビームライン担当者に相談して下さい。
これ以外のビームサイズやさらに高強度のビームを必要とする測定については事前にご相談下さい。

実験ステーション1

実験ステーション2

詳細情報 

BL41XUに関する詳細は以下のページをご覧下さい。

JASRI タンパク質結晶解析推進室のホームページ

文献検索 

BL41XU PUBLICATION SEARCH

 

連絡先

(注)e-mailアドレスは@マーク以下を省略していますので、アカウントの後に@spring8.or.jpを付けてください。

長谷川 和也
(公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)
〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1丁目1-1
Phone : 0791-58-0833
FAX : 0791-58-0830
e-mail : kazuya

水野 伸宏
(公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)
〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1丁目1-1
Phone : 0791-58-0833
Fax : 0791-58-0830
e-mail : nmizuno

河村 高志
(公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)
〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1丁目1-1
Phone : 0791-58-0833
Fax : 0791-58-0830
e-mail : kawamura

村上 博則
(公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)
〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1丁目1-1
Phone : 0791-58-0833
Fax : 0791-58-0830
e-mail : hiromura

最終変更日 2017-10-06 16:43