大型放射光施設 SPring-8

コンテンツへジャンプする
» ENGLISH
パーソナルツール
 

第28回SPring-8先端利用技術ワークショップ

主題/内容 ~SPring-8の分析利用~
開催期間 2018年06月06日 (水) 13時30分から16時30分まで
開催場所 東京 フクラシア‎ 東京ステーション 6階 会議室B
アクセス

〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル
Tel:03-5276-0333
https://www.fukuracia.jp/tokyo/access/

主催 公益財団法人 高輝度光科学研究センター(JASRI)
形式 普及・啓蒙(研修会)
概要

SPring-8は最先端の学術研究のためだけでなく、日本の産業を支える基盤技術を提供する施設として設立当初から運用されており、産官学の研究者による産業の発展に資する基礎研究に大きく貢献してきました。その一方で、製品開発に直結する分析・解析技術の提供もSPring-8の役割りであり、測定代行に代表される分析的な利用も拡大しつつあります。本ワークショップは特に後者の分析利用に焦点をあて、その今後の展開について、現状を踏まえた議論を行うことを目的とします。SPring-8を用いた分析技術・分析サービスに関心をお持ちの方のご参加を期待します。

申込方法

募集定員:約50名程度

参加費:無料
こちらから参加登録をお願いします。
登録バナー

プログラム (講演者の役職・敬称略)
13:30~13:40  主催者挨拶
13:40~14:10 SPring-8 産業利用ビームラインの現状
    JASRI 産業利用推進室 廣沢 一郎
14:10~15:00 共用ビームラインの分析装置とその利用:顕微分析の現状と将来展望
 (14:10~14:35) 顕微構造分析の現状と将来展望
    JASRI 利用研究促進部門 上杉 健太郎
 (14:35~15:00) 顕微化学分析の現状と将来展望
    JASRI 利用研究促進部門 為則 雄祐
15:00~15:10 休憩(10分間)
   
15:10~15:30 分析サービスにおける放射光利用技術
    株式会社コベルコ技研 材料ソリューション事業部 稲葉 雅之
15:30~15:50 SPring-8分析利用の現状(仮)
    株式会社日産アーク デバイス解析部 今井 英人
15:50~16:30 総合討論
モデレーター:JASRI 八木 直人
パネリスト:上記講演者

問い合わせ先 SPring-8先端利用技術ワークショップ事務局 (公財)高輝度光科学研究センター  冨松
0791-58-2785
0791-58-2786
jasri-event@spring8.or.jp
最終変更日 2018-05-09 16:40