大型放射光施設 SPring-8

コンテンツへジャンプする
» ENGLISH
パーソナルツール
 

XSES2006

副題/演題 International workshop on x-ray scattering and electronic structures
開催期間 2006年06月05日から07日まで
開催場所 普及棟講堂
主催 日本原子力研究開発機構 量子ビーム応用研究部門 放射光科学研究ユニット
協賛者など 財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI)
SPring-8利用者懇談会
茨城大学
独立行政法人日本学術振興会
形式 研究発表(学会)
分野 物質科学
概要

 近年、放射光を利用したX線散乱は、物性測定の手段として重要な地位を占めるまで発展してきている。とりわけ、内殻励起を用いた共鳴散乱は、磁気秩序のみならず、中性子散乱ではとらえられない軌道秩序や電荷秩序や電荷励起のダイナミックスの情報を与えるため、世界中の放射光施設で競って実験が行われている。共鳴散乱は弾性散乱と非弾性散乱に大別されるが、いずれも二次の光学過程で記述され複雑であるため、スペクトルの発現機構やその物理的意味の解釈をめぐって依然として論争がある。この点を明確にし、実験と理論ほぼ同数の研究者が集まり、両者の密接な協力のもとで時間をかけて議論し実験および理論の両面から問題点を明らかにすることにより今後の発展を図ることを目的とする。

ワークショッププログラム(pdf)

参加登録方法:
 原子力機構放射光科学研究ユニットホームページに入り、「研究会」をクリックしていただき進んでください。そこに申し込みフォーマットがありますのでそれを記入して、 srrc-office@spring8.or.jp にお送りください。尚、先着30名とさせていただきますのでお早めに登録ください。

問い合わせ先 ワークショップ事務局 日本原子力研究開発機構 量子ビーム応用研究部門 研究推進室(播磨)
0791-58-0308
0791-58-0311
srrc-office@spring8.or.jp
最終変更日 2012-11-15 13:14