大型放射光施設 SPring-8

コンテンツへジャンプする
» ENGLISH
パーソナルツール
 

SPring-8研修会

主題/内容 「食品分野に向けたX線CT測定研修会」
開催場所 中央管理棟1階上坪記念講堂 実習(測定) :蓄積リング棟実験ホールBL14B2
形式 普及・啓蒙(研修会)
分野 産業利用
概要

食品分野の産業界の方でSPring-8のX線CT測定に興味のある方を対象として、産業利用ⅡビームラインBL14B2においてX線CT測定研修会を行います。

放射光を用いたX線CT測定は、高輝度の単色X線を利用できる特徴から食品材料等の試料の密度差の低い内部構造も識別可能です。最近ではこの利点を活用した食品分野の利用が広がってきています。本研修会の目的は、この食品分野の初心者の方を対象として、講義及び実習を通して放射光X線CT測定技術の有用性を理解していただくことにあります。講義では本技術の理論的な基礎を理解し、実習ではご持参いただいたサンプルのテスト測定を通じてBL14B2のX線CT装置の操作から測定データを断層像に再構成するまでの一連の実験方法を習得していただきます。
現在具体的に利用をご検討されている方についても、課題申請に関するご相談も承りますので、奮ってご参加ください。


日時:
2018年10月30日(火)(仮日程 調整中 ※決定次第改めてご連絡いたします)

プログラム
 時間  内容  詳細
9:00-10:10  各自ユーザー手続き  人によって所要時間が違います。
特に初めてご来所の方は、早めに(9時頃までに)お越しいただく必要があります。
10:10-11:40  講義 X線CT測定の基礎についての講義
11:40-13:00  【昼食】
13:00-15:00  ビームラインの紹介 装置の操作方法・データの断層像再構成方法のデモンストレーション
15:00- 実習 参加者持ち込み試料を用いた測定実習
実験条件
 X線エネルギー 12.4keV
 使用する検出器
 イメージングユニット:浜松ホトニクスAA40
 CCDカメラ:浜松ホトニクスC4880-41S
 視野サイズ:約10 mm(水平)×4 mm(垂直)
 ピクセルサイズ:約3 μm

対象者:
これまでSPring-8のX線CT測定技術の利用経験のない食品分野の方で、同技術の利用に興味のある方。

募集定員:
約5グループ (1グループ3名以内)

各グループ1時間程度の測定実習を行います。 各グループ最大3個の試料を持ち込むことができます。
なお、応募者多数の場合、実習参加をお断りする場合がありますのでご了承ください。

申込方法:
8/21(火)申込開始(予定)

申込締切:
2018年9月28日(金) 12:00 (予定)
(参加者希望多数の場合は、締切日以前に募集を終了することがあります。)

その他
注意事項

1.持ち込み試料の制限は以下の通りです。
 ○ 持ち込み試料は1グループ3サンプル以内
 ○ サイズは約5 mm×5 mm×30 mm以下。試料組成は使用するX線のエネルギー(12.4 keV)で透過率が約20% 以上であること。
 (参考/5 mm厚の透過率:水 約30%、ポリエチレン 約70%)
 ○安全、法規上問題のないもの
 ○汚染、破損、紛失しても構わないもの
 *持ち込み試料の情報は、申込書に正確にご記載下さい。申込者多数の場合の判断基準にします。
 *この試料情報については申込受付後直接ご相談させていただきますので、試料の準備方法等について不明な点のある方はこの際ご質問ください。
 *実習に適さない試料の場合は測定をお断りすることがあります。
2.データ持ち帰り用のストレージを持参してください。USBメモリー(100 GB以上の容量)を推奨いたします。
3.本研修会の参加にはSPring-8ユーザ登録、放射線従事者登録などの諸手続きが完了されていることが必要です。
  また、持ち込み希望サンプルについては、安全管理室審査の手続きが必要となります。手続きに関する案内は参加受付後ご連絡させていただきます。
4.学生の方は「学生保険」等に加入していることが必要です。
5.参加者への連絡などはすべてe-mailで行います。参加の手続きにはオンライン登録や書類のダウンロードが必要です。インターネットに接続できる環境をご用意ください。
6.研修会への参加は無料です。
7.研修会参加者への旅費支給等はありません。
8.申込者多数の場合の調整は、当方に一任願います。
9.参加者多数の場合は、締切日以前に募集を終了することがあります。
10.前日及び当日に宿泊が必要な方は、SPring-8交流施設をご利用いただけます(1室シングル2,000円/泊、ツイン3,000円/泊)。

問合せ先
実習担当:(内容等について)
(公財)高輝度光科学研究センター
産業利用推進室
担当 :佐藤 e-mail : msatoatspring8.or.jp

参加登録に関するお問い合わせ等:
(公財)高輝度光科学研究センター
利用推進部 普及情報課
担当:小南
Tel:0791-58-2785 Fax:0791-58-2786
e-mail : jasri-event@spring8.or.jp

最終変更日 2018-08-10 08:53