大型放射光施設 SPring-8

コンテンツへジャンプする
» ENGLISH
パーソナルツール
 

第2回 マルチスケール3D画像取得解析セミナー Multi Scale Imaging Technology Web Seminar (MSITW)

主題/内容 4D-CT 時系列画像解析ウェビナー
開催期間 2021年10月25日 (月) 13時30分から15時50分まで
開催場所 オンライン開催
主催 公益財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI)
後援 株式会社島津テクノリサーチ(島津)
Thermo Fisher Scientific日本エフイー・アイ(FEI)
形式 普及・啓蒙(研修会)
分野 ビームライン・装置(加速器・光源を含む)
概要
フライヤー

 高輝度光科学研究センター(SPring-8/JASRI)主催、Thermo Fisher Scientific 日本エフイー・アイ(FEI)、島津テクノリサーチ(島津)の後援で第2回 マルチスケール3D画像取得解析セミナー「4D-CT 時系列画像解析ウェビナー」を開催します。

 本セミナーは、昨年に引き続き2回目の開催となります。今回は、時間発展する試料の観察に着目し、放射光X線CT装置を中心とした4D-CT画像取得の概要と応用事例、それらから得られる特徴的な画像の解析手法までを横断的に一度に学べる機会となります。

セミナーの構成は2部構成とし、第1部は「SPring-8における4D-CT装置の開発」として、JASRIより放射光光源を用いることにより達成される4D-CT装置の開発と試験計測データについてご紹介します。

第2部は「4T-CDの撮影と解析」とし、島津からSPring-8 BL20B2で使用可能な4D-CT装置用の試験機とその結果の紹介。FEIからは、SPring-8のユーザーにも提供している画像解析ソフトウェアAvizoの4D-CTデータの解析方法の指南や応用事例をご紹介します。

申込方法

募集定員:約200~300名程度
※定員になり次第締め切らせていただきます。

参加費:無料
(推奨Webブラウザ – Google Chrome)
こちらから参加登録をお願いします。
登録バナー
※職場や学校のセキュリティ設定により、参加登録ボタンから(Googleフォーム)の参加登録ができない場合は、こちらからお申し込みください。

プログラム
時間 内容 講演者/所属
第1部:SPring-8における4D-CT装置の開発
13:30-14:15 BL20B2 4D-CT撮影装置の紹介 上杉 健太朗
SPring-8/JASRI
第2部:4T-CDの撮影と解析
14:20-15:00 動くCT 中山 貴司
株式会社島津テクノリサーチ
15:00-15:45 Digital Volume Correlation (DVC)による4D-CT画像の変形解析 伊藤 栄祐
日本エフイー・アイ株式会社

 

問い合わせ先 マルチスケール3D画像取得解析セミナー事務局 (公財)高輝度光科学研究センター  辻本
0791-58-2785
0791-58-2786
jasri-event@spring8.or.jp
最終変更日 2021-10-12 15:15