大型放射光施設 SPring-8

コンテンツへジャンプする
» ENGLISH
パーソナルツール
 

第29回SPring-8先端利用技術ワークショップ

主題/内容 シンクロトロン放射光X線は動物学にどう役立つか?
開催期間 2018年09月13日 (木) 15時30分から17時30分まで
開催場所 札幌コンベンションセンター
アクセス

〒003-0006 札幌市⽩⽯区東札幌6条1丁⽬1-1
TEL 011-817-1010
https://www.sora-scc.jp/access/

札幌コンベンションセンター館内案内はこちら

主催 公益財団法人 高輝度光科学研究センター(JASRI)
公益社団法人 日本動物学会
形式 普及・啓蒙(研修会)
概要

2018年9月に札幌で日本動物学会第89回大会が開催されるのを機会に、日本動物学会の会員を対象に、SPring-8の放射光が動物学の研究にどのように役立つかを知ってもらい、またSPring-8の利用制度も説明することで、利用者の拡大を図ることを目的とする。本ワークショップは、日本動物学会のシンポジウムとして開催し、日本動物学会と共催する。


※本セミナーへの参加は日本動物学会第89回大会への参加が必須となりますので、ご留意ください。

申込方法

募集定員:約60名程度

参加費:無料(日本動物学会第89回大会への参加が必要です)

プログラム (案)
15:30~15:40  開催趣旨説明
    岩本 裕之 (JASRI)
15:40~16:10 「放射線マイクロイメージングから切り拓く昆虫の運動制御のメカニズム」 
    青沼 仁志(北海道大学・電子科学研究所)
16:10~16:40 「魚が隠し持つ第2・第3の顎の謎をSPring-8で解き明かす」
    八田 公平(兵庫県立大学・理学部)
16:40~17:10 「放射光X線を用いた生物試料の三次元解析」 
    水谷 隆太(東海大学・工学部)
17:10~17:40 「マイクロCT以外の放射光X線利用技術と利用制度」
    岩本 裕之(JASRI)

問い合わせ先 SPring-8先端利用技術ワークショップ事務局 (公財)高輝度光科学研究センター  冨松
0791-58-2785
0791-58-2786
jasri-event@spring8.or.jp
最終変更日 2018-07-24 15:58