大型放射光施設 SPring-8

コンテンツへジャンプする
» ENGLISH
パーソナルツール
 

2022年度「タンパク質クライオ電子顕微鏡体験会」

主題/内容 タンパク質クライオ電子顕微鏡体験会
開催期間 2022年08月22日 (月) 10時00分から26日 (金) 18時00分まで
開催場所 大型放射光施設 SPring-8 生物系特殊実験施設
主催 公益財団法人 高輝度光科学研究センター(JASRI)
形式 普及・啓蒙(研修会)
概要

 構造生物学研究において構造解析に用いる共用クライオ電子顕微鏡(CryoTEM)の測定技術と解析技術について紹介する。

昨年度の途中から始めたSPring-8研修会は、当初、申し込みが多く、あくまでも利用予定がある、もしくはすでに利用可能な課題を持つSPring-8ユーザーを対象とすることになったため、結果として申し込みをお断りしていた有効課題を持たない潜在的なユーザーへ普及啓発を目的とする。

実施内容と開催形式:

夏期、共用停止期間にEM01CT及びEM02CTを講習に供する。利用技術の習得よりも一通りの手順を実体験することを主眼としており、講習の達成度については、考慮せずに決められた予定を遵守する。

申込方法

定員に達しましたので参加申込みは締め切りました。

プログラム

8月22日(月)10:00〜12:00 座学
       13:00〜18:00 グリッド凍結の実践

8月23日(火)10:00〜12:00 座学
       13:00〜18:00 電子顕微鏡操作の見学

8月24日(水)10:00〜12:00 電子顕微鏡操作の実践
       13:00〜18:00 電子顕微鏡操作の実践

8月25日(木)10:00〜12:00 データ解析チュートリアル
       13:00〜18:00 データ解析チュートリアル

8月26日(金)10:00〜12:00 データ解析チュートリアル
       13:00〜18:00 データ解析チュートリアル


対象者:
構造生物学・クライオ電子顕微鏡法による単粒子解析に興味がある初心者。特にSPring-8構造生物学ビームラインの有効課題を持たない、研修会の対象とならない方を優先する予定。

定員:

最大2グループ (1グループ4名以内)/回


研修会担当:JASRI構造生物学推進室 重松 秀樹

≪その他注意事項≫

1.参加者への連絡などは全てe-mailで行います。参加の手続にはオンライン登録が必要です。インターネットに接続できる環境をご用意下さい。

2.申込者多数の場合の実習への参加の可否の調整は、当方での調整に一任願います。

3. SPring-8 にユーザー登録のない方も参加は可能です。
ユーザー登録のない方が参加する場合、SPring-8サイト内の生物系特殊実験施設以外の施錠された建屋(中央管理棟、蓄積リング棟など)に入れない、等制約があります。

4. 研究交流施設はSPring-8やSACLAのビームタイム利用者優先です。満室の場合は利用できません。

≪内容に関する問合せ先(講義・実習担当)≫
(公財)高輝度光科学研究センター
構造生物学推進室
 担当: 重松 秀樹
 TEL:0791-58-0803(内線7868)
 e-mail : shigematsu@spring8.or.jp

≪手続きに関する問合せ先(事務局)≫
(公財)高輝度光科学研究センター
利用推進部 普及情報課
 担当: 西川
 TEL:0791-58-2785
 e-mail : jasri-event@spring8.or.jp

問い合わせ先 利用推進部普及情報課 西川 (公財)高輝度光科学研究センター
0791-58-2785
0791-58-2786
jasri-event@spring8.or.jp
最終変更日 2022-07-13 10:24