大型放射光施設 SPring-8

コンテンツへジャンプする
» ENGLISH
パーソナルツール
 

理化学研究所 横浜研究所・播磨研究所 合同研究会

副題/演題 SPring-8とX線溶液散乱
開催期間 2007年03月09日
開催場所 理化学研究所横浜研究所交流棟(横浜市鶴見区)
主催 理化学研究所横浜研究所・播磨研究所
形式 レクチャー(講演)
概要

 近年構造生物学研究においてタンパク質分子のネイティブ構造を調べる方法として、X線溶液散乱法が注目されています。結晶化の困難な生体超分子複合体の構造研究に溶液散乱法が有用であることは以前から指摘されていましたが、ドメインごとに分割して結晶構造解析やNMR解析を行うのが一般的になっている現在では、複数ドメインから構成された柔軟性の高いタンパク質について溶液状態での構造や機能の研究にX線溶液散乱法が活用されることが多くなっています。理研はSPring-8にBL45XU-SAXSという小角散乱測定専用ビームラインを保有しており、これを活用することによって、よりインパクトの大きな研究成果が期待できます。
 今回の研究会では、X線溶液散乱法の活用事例を紹介しながら、測定やデータ処理の具体的な方法、理研ビームラインの利用法について講演を予定しています。タンパク質分子の溶液状態での構造や溶液散乱法に興味がある方はぜひ御参加ください。

日時:平成19年3月9日(金曜日)13:00~17:10 講演 18:00~懇親会

場所:理研横浜研究所交流棟(横浜市鶴見区末広町)

演者:山本雅貴(理研播磨)、佐藤衛(横浜市大)西村善文(横浜市大)、柴田武彦(理研・横浜市大)、秋山修志(理研播磨)、井上勝晶(JASRI)、八木直人(JASRI)

主催:理化学研究所横浜研究所・播磨研究所

参加費:無料

懇親会費:2,000円

参加申し込み:所属・氏名および懇親会の参加について下記までE-mailまたはFAXでご連絡ください。
          (特に懇親会の参加希望の方は3月6日(火)までにご連絡ください。)

申込先e-mail:rikenbl@spring8.or.jp/FAX:0791-58-2834

問合せ先:放射光科学総合研究センター 研究技術開発室 山本 雅貴
       FAX: 0791-58-2839


プログラム:

13:00-13:05 はじめに(趣旨説明)
          高田 昌樹(理化学研究所播磨研究所)

13:05-13:20 播磨理研の構造生物学ビームライン
          山本 雅貴(理化学研究所播磨研究所)

13:20-13:50 SPring-8が目指すX線溶液散乱研究と構造生物学
          佐藤 衛(横浜市立大学)

13:50-14:20 転写関連タンパク質の構造生物学とX線溶液散乱への期待
          西村 善文(横浜市立大学)

14:20-14:50 相同組換関連タンパク質の構造生物学とX線溶液散乱
          柴田 武彦(理化学研究所、横浜市立大学)

14:50-15:10 休憩

15:10-15:40 細胞内シグナル伝達系の構造生物学とX線溶液散乱
          秋山 修志(理化学研究所播磨研究所)

15:40-16:10 SPring-8でのX線溶液散乱実験
          井上 勝晶(高輝度光科学研究センター)

16:10-16:40 SPring-8でのX線溶液散乱実験のデータ解析と支援体制
          八木 直人(高輝度光科学研究センター)

16:40-17:00 総合討論

17:00-17:10 終わりに
          石川 哲也(理化学研究所播磨研究所)

18:00- 懇親会

添付ファイル
問い合わせ先 理化学研究所 播磨研究所 放射光科学総合研究センター 研究技術開発室 山本雅貴

0791-58-2839
最終変更日 2013-09-24 19:35