大型放射光施設 SPring-8

コンテンツへジャンプする
» ENGLISH
パーソナルツール
 

SPring-8ワークショップ

副題/演題 放射光による金属組織観察技術の現状
開催期間 2007年07月20日
開催場所 キャンパス・イノベーションセンター東京地区(東京都港区)
主催 (財)高輝度光科学研究センター(JASRI)
形式 普及・啓蒙(研修会)
分野 産業利用
概要

日時:2007年7月20日(金) 10:30~17:00

会場:キャンパス・イノベーションセンター東京地区(JR田町駅南側2分)

主催:(財)高輝度光科学研究センター(JASRI)

概要:
 放射光によるX線は高輝度・高エネルギーであり、金属材料の透過法による内部の組織観察や3D像の観察等が可能である。高度化したプロセス開発、材料開発、破壊評価等の研究開発に新しい情報を提供する有力なツールとなる事が期待される。 SPring-8の放射光を利用すると100keV以上のX線エネルギーでの高分解能観察も可能であり、鉄鋼やハンダ等の重元素材料に対しても軽元素と同じように厚い試料の観察も可能と考えられる。最近では、200-300nm の空間分解能のX線光学 系も開発され、より微細な観察も可能となった。 本ワークショップでは非鉄金属~鉄鋼の金属内部組織のイメージング技術の現状をご紹介することにより、シーズとニーズの結びつきを図る事を目的として企画した。

参加費:無料

募集人員:70名(予定)

申込:こちらをご覧ください。2月22日12:00申込受付を終了致しました。

問合せ先:
 (財)高輝度光科学研究センター
 研究調整部 研究業務課 産業利用推進室担当事務 垣口、濱中
 Tel:0791-58-0839 Fax:0791-58-0988
 e-mail : workshops@spring8.or.jp

URL http://support.spring8.or.jp/event/meta_070720.html
問い合わせ先 (財)高輝度光科学研究センター 研究調整部 研究業務課 産業利用推進室担当事務 垣口、濱中
0791-58-0839
0791-58-0988
workshops@spring8.or.jp
最終変更日 2012-12-10 16:36